不安障害で借金ありますが会社員頑張ってます、ブログ

不安障害と抑うつで借金ありますが休職中です。

不安障害・抑うつ障害持ちで借金200万あるアラサー独身女が、休職中に役立つ情報や日々ポジティブに過ごせるような情報をお届けします。

不安障害・抑うつはどう働くべき?

 

こんにちは。全国的に温かい日和が続いていますね。

私の住む東北は、朝こそ冷え込みますが、昼は8~10度ということで温かい日和です。

今回は、「不安障害・抑うつ持ちの私は、どう働くべきか?」という記事になっています。

 

 

不安障害・抑うつ持ちの私のキャリアと社会の現状

 

いま、私を悩ませてるのは、次の働き口です。

 

私のキャリアは、正社員で事務員を7年ほど経験というもの。

資格なし、得意分野なし、という有様です。

そんな訳で、次も事務員を希望している訳ですが……

 

そもそも事務員は誰でも出来るという偏見も多く、若い人を採用することが多いですよね。

そんなことない!と思いたいですが、管理や人事の方の思惑とは一致しません。

(私の身近に会社経営者や人事担当者がいますが、腰掛のような若い女性の事務員を求めているようです。悲しいけどこれが今の日本の現状です)。

 

アラサーで、キャリアもなく、かつ不安障害・抑うつ持ちの私を事務として採用してくれるところが多いとは思っていません。

 

本を読んで知った「自分自身らしさ」と次のステップ

 

じゃあ、就職に有利な資格を取ったる!

と、休職中なんども画策しました。

 

でも、焦ってジタバタしましたが、、、

不安障害と抑うつで安定せず焦りまくりの状況で、勉強がはかどることもなく、そもそも私はそんなに地の頭が良くないwことに気づきました。

(気づけたのは↓の記事で紹介したこの本のおかげです。)

 

 

rosuria.hatenablog.com

 

この本を読んだ結果、、、

私は、出世しなくてもいい。背伸びして頑張らなくていい。

のんびり、事務員が性に合っているんだ。それが自分らしさなんだ。

 

そう、結論づけました。

 

そんな不安障害・抑うつ持ちの私の次の就職は、どうしたらいいだろう?

挙げられる選択肢としては……

 

  • 一般枠で不安障害・抑うつをクローズ(勤務先に隠して)にして働く。
  • 一般枠で不安障害・抑うつをオープン(勤務先に知られたうえ)にして働く
  • 不安障害・抑うつで障害者枠で働く。

 

この3つがあります。

 

一般枠で不安障害・抑うつをクローズ(勤務先に隠して)にして働く

 

 

借金がある私は、欲をいえば一般枠クローズで…といいたいところですが、

私は不安障害で最初に休職したとき、「会社を休んでいたら落ち着いた!もう大丈夫!働ける!」と思いました。

(思えば、このときから抑うつ症状はあったんですね……)

さらにお金に困っていたことから、すぐに復職を希望しました。

 

しかし、自分の不安障害を甘く見た結果、優しくしてくれた先輩・上司に散々迷惑をかけました。

精神疾患持ちがクローズで働くことは、自分だけでなく、勤務先・家族にも多大なる苦労をかけることを思い知ったのです。

なので、私はもうクローズでは、働きたくないんです。

 

一般枠で不安障害・抑うつをオープン(勤務先に知られたうえ)にして働く。

 

では一般枠でオープンはどうか。

先にも言ったとおり、精神疾患持ちを公表して採用されること自体が厳しいですよね。

 

こちら側が、いくら「ちゃんと働きたい!仕事はする!」と訴えても、

自分が経営者だとして、いつ休むかわからない人に仕事を任せられるか?という問題。

納得は出来ないけど、理解はできます。

 

不安障害・抑うつで障害者枠で働く。

 

色んな事情を加味した結果、障害者枠で働くのが、一番不安障害・抑うつ持ちの自分に合っていると思います。

 

しかし、そうなると収入が厳しい!

ハローワーク障害者雇用枠の求人を見てみると、最低労働賃金以下の求人が平気な顔をして並んでいます。

〇〇〇〇銀行で760円とかね…… 

 

かなり衝撃的でした。。。これで税金なんか払ったら、自立なんかまずできませんよ

(怒)。

 

生活保護を受けられない、障害年金も受け取れない私のような不安障害・抑うつ持ちのは、かなり就職しにくい状況にあります。

2018年4月から障害者枠に精神障害者が含まれるように

しかし、暗いニュースばかりではありません。

 

2018年4月から、精神障害のある人が「障害者雇用促進法」の対象者に含まれるようになります。

 

具体的にどういうことかというと……

従業員数50名以上の企業では、全体人数に対して2%の割合で障害者の法定雇用率が定まっています。(不足している場合は、一人当たり5万円の障害者雇用納付金を納付する必要があります)。

しかし、これまで障害者に該当するのは、身体・知的障害者のみでした。

 

ですが、2018年4月の変更により、この障害者のなかに精神障害者も含まれるようになりました。

 

つまり、精神障害者で就職を希望している人と、障害者を雇う義務のある企業の目的が一致するという訳ですね。

 

とはいっても、メンタルヘルスマネジメントの観点から、まだまだ企業の受け入れ態勢は整っているとは思えません。

 

私も、他の精神障害の方にとっても、働く間口が広がるといいな、と切に願います。

私たちだって、働きたい。

現役の労働者だって、様々な持病を持っています。高血圧とか、痛風とか、、、

 

なのに、精神疾患という病気にかかっているだけの私たちが、腫れもの扱いされて、給与を減額されて、職にもつけないなんて、やっぱりおかしい。

 

病気を抱えていても、のびのびと働くことが、当たり前の社会になってほしいです。

 

それでは、また明日。

休職中、どう過ごしてますか?

 

今回は、不安障害・抑うつの私の、休職中の過ごし方について書きたいと思います。

 

休職して、体が動かせようになってきた時期。

 

休職する直前の私は、通勤が困難なほどでしたが(一時期、電車にも乗れず、ホテルに泊まって仕事にいったことあります)、

抑うつのためか、休職して一月も経たずに、そこそこ外出したり、スマホをいじれる程度にはなっていました。

(本を読むのはだいぶ経ってからでしたが…)

 

しかし、すぐに実感したのは、

使えるお金がないこと!!!

f:id:rosuria:20180115233022j:plain

 

傷病手当金は支給されるのが遅く、しかも私の場合、借金を抱えており、かつ貰えるか貰えないか非常に微妙な状況だったため、お金は深刻な問題でした。

 

そこで、スマホを開き、「休職中」「過ごし方」などとぐぐってみたものです。

 

同じく不安障害や抑うつで休職されている方の日常を覗くと……

 

家事、読書、運動、資格の勉強をしてらっしゃるという方が多かったんです。

 

ス、スゴイ…!

皆さん、すごく努力してらっしゃいますよね。

 

もともと、精神疾患になる方は、真面目でやる気がある人が多いといわれています。

なので、休職中とはいえ、向上心を持って過ごされている方も多いよう。

本当に頭が下がります…

 

しかし、私が知りたいのは、それ以外の時間!!

休職中の休息時間の過ごし方が知りたかったんです。

 

というのも、時間があれば考えてしまうんですよね。

こんなことしてていいのか…

他にやれることはないのか…

ごろごろすると、すごい焦りが出てくるんです。

 

主に私は、漫画を読んだり、お菓子を食べたり、ゲーム(ソシャゲ)をしています。

そんななか、毎日のように観ているのが、Youtube

 

パソコンでYoutubeをじっと観ている……訳ではなく、

テレビに端末を繋いで、ニコニコ動画やAbemaTVや契約しているオンデマンド配信の映画・アニメを観ていました。

 

どうやって観てるかというと……これを使ってました。

 

Fire TV Stick (New モデル)

これが本当にオススメです!便利なんです!

 

 

Fire TV Stick (New モデル)

 

Fire TV Stick (New モデル)

Fire TV Stick (New モデル)

 

 

朝起きて、眠いーでもテレビつまんないーすぐ行動できないーってときでも、

Amazon fire stickTVをポチポチして、Youtubeつけてソシャゲして、

一時間二時間だらだらすると、「さ、そろそろ動こう」とスイッチが入るんです。

 

操作も簡単だし、通信もスムーズなので、パソコンを点けるより早く、快適で、画面もデカイという超オススメの一本です。

 

一時期、家のWIFIが繋がらなくて、Amazon fire stickTVが使えなかった時期があったんですが、大げさじゃなく、ストレス溜まりまくりでしたw

 

 Amazon fire stickTVのおかげで、映画や、アニメやYoutubeの手軽にチャンネル配信を観て過ごせて……

どれだけ私を支えてくれたか……

本当に、感謝してます。

 

続きを読む

不安障害の私のオススメの本:「不安」の手放し方①

どうも。ろすりです。

 

抑うつ&不安障害になってから、様々な本を読むようになりました。

というのも、私は通院していて、一度もカウンセリングの話が全く出ないんですよねw

(一度お願いしたいと言ったのですが、電話口で先生の許可が出ないと駄目と言われたり、あとは単純にお金がなかったり……)

 

なので、私は本を読んで、自分で自分の心理分析をすることにしています。

自分の不安障害と抑うつに、どう立ち向かうべきか……

将来はどうすべきか……

悩んでいるときに、本は導いてくれる気がするのです。

 

それで、この前読んで、ずしんと来たのが、この本。

 

「不安」の手放し方――感情的「思いこみ」を捨てる

 です。

 

 

 

 おすすめ度★★★★☆

 

これがもう、すごかった。

 

最初に、私の在職中の思考のクセについてお話しします。

 

私は働いているとき、常に自分が頑張らねばと思っていました。

というのも、入社したとき、私が配属された部署は、主任が産休で辞め、おとなしい先輩が一人残された状況でした。

先輩に苦労をかけないようにしなければ!

そう必死で仕事をしているうちに、私は入社三カ月にして部署のNO2として認められるようになりました。

 

しかし、そのぶん、

だらしない同僚や、覚えの悪い後輩に対して、苛立ちを覚えていました。

(そしてこれが、抑うつ発症と休職へ至る、大きな原因の一つになってしまうのです……

 

なんで会社に認められている私の言うとおりに仕事の計画を立てないのか。

なんで私のように努力しないのか。

 

そんな苛立ちを抱えていた当時の自分に、この本『「不安」の手放し方』は教えてくれます。

 

 自分はただの人ではない、と思うことで自分の心の葛藤を解決しようとする人がいる。(中略)このように自己栄光化によって心の葛藤を解決しようとする限り、自分に対しては「べき」の暴君になり、他人に対しては神経症的要求が出ざるを得ない。

 

 

f:id:rosuria:20180114225002j:plain

ギャーーーー!

雷に打たれたような気分とはまさにこのことでした。

 

 

そうなんですよね。

こうしなければ!なんて考えは、自分で自分を苦しめるだけ。

でも当時の私は、そんな考えには至れなかったのです。

 

そんな風に、残業しなきゃ!もっと作業効率化しなきゃ!

毎日、がんじがらめでした。

 

そして、この本はさらに、私にびびっと天啓をくれたのです。。。

長くなるので続きはまた。

 

(注:これはあくまで私にあっていた本で、不安障害の方みなさんに合ったものではないと思います)

 

×会社員頑張ってます ◯頑張れませんでした

久しぶりの更新となります。

ツイッターでアカウントを作成したのをキッカケに、ずいぶんと放置していたこちらのブログを再開することにしました。

 

この放置していた7ヶ月間、何をしていたかと言うと、

 

抑うつで休職→金がなくて大パニック→債務整理傷病手当金が入るか入らないかで大パニック→無事入る→退職→無職(今に至る

 

というドタバタ転落ロードを歩んでおりました。

現在は薬を服用しながら、毎日なんとか生きているという状態です。

 

自分の無力、自分の情けなさ、人生の無価値感。

 

そんなことを考えながら生きる日々は、とても苦痛で、何度も「死」という単語が頭をよぎりました。

 

それでも、多くの人、多くの娯楽、多くの本、映画、漫画に支えられながら、私は生きています。

 

いま私が望むことは、"社会復帰"という私にとって過大な目標ではなく、

私らしく生きる、という命題をどう解き明かすか、であります。

 

そして、同じような苦しみを持つ人を助けたい、という思いもあります。

 

そのために何をすべきか?

 

そんなことを自問自答し、大好きなカフェオレを飲みながら、ブログを書き記しています。

 

今日は冬の晴れ間、気持ち良い晴天です。さて、午後から何をしようかな。

f:id:rosuria:20180114215446j:plain

再びの休職。不安障害から抑うつへ。

どうも皆さま、暑い日が続いておりますね。

梅雨はメンタルが崩れがちと言われておりますが、今年はまだ強い雨もなく、洗濯日和が続いております。
私としては、こういったことが、小さな幸せです。天気は誰の上にも平等ですから。
 
私はというと…苦しい病院通いを続けた結果…なんと再びの休職ということに相成りました。
 
 
一昨年の休職とは違い、今回は不安障害ではなく、抑うつとの診断。
 
自分自身でも、悪化してるとは思っていましたが、やはり…と、先生に言われたときは思いましたよ。(ちなみに、先生は障害者年金を断れた某先生ですw)
 
ともあれ、今回は前回よりも長い休職期間となり、今から何をすべきか(どうやって己をコントロールすべきか)考える日々です。
 
休職期間、というとお休みじゃん、いいな、と思われる方も多いと思います。
 
しかし、私(あるいは、私たち)にとっては、闘いの日々でもあります。
 
自分は何をすべきか?
目に見えない、けれどこの死に至る病と、どう向き合うべきか?
 
ここを中途半端にして、社会復帰への道は開けません。
(はっきりいって、前回の私の復職は、早計だったと思ってます)
 
苦しい日々ですが、希望を失わず、生きていくしかありませんね。

×セカンドオピニオン ◯ドクターショッピング

今回はセカンドオピニオン、ならぬドクターショッピングのお話です。

精神科通院に関する私の勘違いと認識のズレ、それが如実に現れたエピソードです。

 

先週より体調がおもわしくなく、相変わらず病院にお世話になってます。

しかし今回は、いつもとは別の病院。

 

rosuria.hatenablog.com

 

いつもお世話になっている病院で不安発作を起こし(↑この記事が原因です)、正直この病院・医師への信用をなくしてしまったため、過去一度だけかかった別の病院に行くことにしたんです。

しかし、これが大きな間違いでした。。。

 

向かったのは、家から1時間30分ほどかかる、都市内の病院。

 

ちゃんと症状を伝えられるかな…

前の先生のように冷たくされないかな…

いつもの不安に支配されながら一時間半かけていきます。

この間は、ジャングルの奥地を歩むような、不安と期待が大きい不思議な時間でした。

 

そして診察。

先生に、どうしましたか?と聞かれたので、これまでの経緯を話しました。

別の病院にかかったこと、会社通いが大変なこと、を説明。

 

すると先生、「あなたはどうしたいんですか?」と質問してきました。

 

……うわぁああ。

これは、「どういった手段で?(how?)」ではなく、

「あなたはどうしたら満足するのですか(what?)」のニュアンスでした。

 

息も絶え絶えに会社をお休みしたいほうがいいのかと…

とお話すると、

先生「(苦笑)いや、そうではなく、

貴方はどういう風に病院にお世話になるつもりなんですか?」

と聞かれました。

 

そんなのこっちが聞きたいんですけど…(涙

 

今となってわかったんですが、紹介状もなく別の精神科にいくことは、セカンドオピニオンではなくドクターショッピングと呼ばれ、敬遠されるとのこと。

そんなことなど露知らず、私はとりあえず新しいお医者さんに窮状を聞いてもらいたい一心で精神科を訪れていたので、先生との認識がズレたというわけです。

(さらに後から調べたところ、こういった精神科にいく人と先生との認識のズレは多いようです。

私のように話を聞いてもらいたいがために精神科にいくと、先生にろくに話は聞いてもらえず、薬ばかり処方されて苦しい思いをした、という体験談を多く発見しました)

 

先生は「カウンセリングを受けるとか、お薬を飲むとか、色々…対処があるんですけど」

さらに、「紹介状がないと(困ります)」と、はっきり言われてしまいました。

 

他にも、先生にいろんなことを言われたのですが、

私は、ただ話を聞いてもらいたい、別の医師とは違う診察を受けたい、と思ったのにこういった対応で、あまりにショックで、私は泣きじゃくってしまいました。

診察終了後、ふらふらになりながら病院を後に。

後には、深い後悔と、強い精神的疲労が残りました。

 

安易なドクターショッピングはすべきではない、むしろ医療者にとっては迷惑行為。特に精神科は要注意。

 

このことを深く思い知った一日でした。。。が。

 

そのことを知っている人はどれぐらいいるでしょう?

 

前の医者が信用できないから別の医者にかかってるのに、前の医者の紹介状を受けたうえで別の医者に…って、あんまり意味がないような。

 

かかりつけ医師を信用できない不安障害の方、ぜひぜひご意見をお聞かせください。

不安障害が障害年金申請してみた。④

 

 

rosuria.hatenablog.com

 

↑前回の記事です。

受付のお姉さん(看護士か医療事務か不明)に、障害年金はもらえないかもというジャッジを下されてビクビク怯える不安障害の私。

ドキドキしながらお医者様のもとへ。

 
面会室に入ると、最近どうですか、といつもの質問が飛んできます。
この先生は一応主治医ということにはなるんですが、別の先生の日にかかってたりしたので会うのは久しぶり。
なので、前の診察から今まであったことを説明。
 
・生理が遅れたこと
・眠りが浅いこと(いつも朝4時、5時に起きてしまうこと)
・ご飯が食べられないこと
 
を説明しました。
 
包丁で宅急便を滅多刺しにしたことや、会社の網戸を頭突きで壊しそうになったことは言わなかったですw
(というより、診察ってここまで詳細に話すタイミングがないんですよね…)
 
先生、いつもの苦笑。
この苦笑いが苦手です…たいしたことないじゃん、って失笑されてるみたいで。
 
とりあえず薬を変えますね、とのこと。
 
そして本題。先生はこうおっしゃいました。
 
障害年金は不安障害だとまず通らないですよ。
障害年金っていうのは、長くうつにかかった人がもらうものですから。
 
……
…………あ、ハイ。
 
とりあえず今回は様子見。また来てください、ってことで診察終了。
 
じゃあ手帳はもらえるのですか?
などと聞ける余裕はありませんでした。
 
受付で支払い終了。
受付のお姉さんから、障害年金用の診断書用紙を突き返されたとき、私のなかの「何か」が溢れる感覚がしました。
 
来ましたね、パニック発作
不安感、からの涙、どうしよう、どうしよう。
 
とにかくショックが大きいと、私のなかの赤ん坊が暴れ出します。
 
訝しがるお姉さんを尻目に病院を抜け、一階のエレベーターホールで発作。
涙を流し、口の中だけの浅い呼吸を繰り返し、体が痺れたように動かなくなります。
重力つえー!の状態ですね。
 
その間、私の前を何人かが通り過ぎました。
 
私に構う人は、誰もいません。
 
そうだろうな、という思いと、言いようのない孤独感で、なかなか止まらない発作。
 
体を引きずりながら薬局へ向かっていた時、通りすがりの人が薬局への扉を開き、助けてくれました。
 
私はほうほうの体で薬局に書類を提出。
薬局のお兄さん、具合悪かったんですか、と聞いて来ます。
 
障害年金もらえなかったからだよ、と言えるはずもなく、ショックがことがありまして…と息も絶え絶えに答えました。
 
その後、貰った薬を飲みつつ、どうにか動けるようになったのが30分後ぐらい。
 
この後、待っていてくれた友達と合流したのですが、
正直、友達と約束してなければ、
川に飛び込んでたと思います。
(最近、パニックになるとこういう衝動が多発します)
 
というわけで、不安障害の私の障害年金申請は、失敗に終わりました。
 
 
お金を貰うどころか、メンタルクリニックでかなり精神がズタボロになってしまった訳ですが……
 
以下、私が得た情報のまとめです。
 
  • 不安障害で障害年金申請は難しい
  • 年金事務所は予約してから行くと良い
  • 普段から主治医との信頼関係は大事

不安障害が障害年金してみたチャレンジは今回の記事で最後となりますが、

主治医にせせら笑われた私の受難はここからが始まりですので、良かったら↓の記事も見てくださると嬉しいです。

 

私が精神科への信頼を無くすと同時に、精神科への認識の甘さも露になった良記事と自画自賛しておりますw

 

rosuria.hatenablog.com