不安障害で借金ありますが会社員頑張ってます、ブログ

不安障害持ちで借金100万あるアラサー独身女が日々の愚痴とか教訓とか色んなことを書いていくブログです。結構マメに更新します。

仕事人とは…

色々ありまして、大きな変化が起ころうとしています。
それについては、もう少し落ち着いてから、ゆるりと。

変化を迎えるにあたり、少々思い至るところがありました。

サラリーマンのお話でございます。

多くの現実的な人たちは、学生時代を終えたら就職することになります。
もちろん、派遣よりは契約社員契約社員よりは正社員になりたいと思うでしょう。
私たちにとって、正社員になることは人生の一つの目標であることは、隠しようもない事実であります。

でも、最近はその正社員生活について、疑問を覚えるようになりました。
それは会社という仕組みそのものへの疑問になります。

私が通って来た数社は、どれも大きな企業、ないしは大きな企業の子会社でした。
いずれも創立以来長い会社であるため、社員にも古株さんがおります。
しかし、その数は決して多くはありませんでした。男性も、女性も、です。

つまり、一番数の多い若手、次に管理職の中堅、そして名ばかり役職をもった古株さんとで、ピラミッドのように構成されているのです。

年配の社員ほど少ない、若手が多い会社。

これ、つまり、
長居できない会社ってことですよね。

そして、さらに気づきました。

上の世代にいくにつれ、
人間として、ダメな人が多いです。

人に仕事をやらせておいて、自分は楽な仕事をする。
若手の粗探しばかりをする。
気に入った若手だけを囲む。

そういったやり口をする人間が、私の経験上、非常に多いです。
特に、年配で、ろくな役職についてないひとは要注意。隠れ窓際の可能性があります。

これについての具体例はまたおいおい。

結論:ピラミッド型の社員構成の中小企業には気をつけろ