不安障害で借金ありますが会社員頑張ってます、ブログ

不安障害と抑うつで借金ありますが休職中です。

不安障害・抑うつ障害持ちで借金200万あるアラサー独身女が、休職中に役立つ情報や日々ポジティブに過ごせるような情報をお届けします。

年収250万の私が借金200万を背負った経緯。

 

今回は「借金」がテーマの記事です。

 

なぜ、不安障害・抑うつ障害を抱えた私が、こんなに借金を背負うことになったのか…

 

それには、ストレスとお金の深い関係があったんです。

 

 

不安障害になる前の私

 

 

私は30歳前にして、借金200万を背負っていました。(現在、任意整理和解済み)

職業は中小会社の事務員、一般職。とりたてて特技もない、四大文学部卒の会社員でした。

 

入社当時の給与は17万円。手取りにして13万です。

当初、私は一人暮らしをしていたのですが、家賃、光熱費、食費でカツカツの生活。

 

とても贅沢は出来ず、趣味の旅行にも行けなくなり、夢だった一人暮らし生活を早々にギブアップし、実家に戻りました。(実家は、会社から一時間ほどの通勤時間で、通えなくもなかったのです)

 

実家暮らしなら貯金もできる! 旅行もできる! と夢見たのもつかの間、私は想像以上に、自分の不甲斐なさを知るのです…

 

借金を抱えたのは、自分のキャパ認識不足とストレスコントールが問題

 

 

f:id:rosuria:20180118010326j:plain

 

私は一人暮らしのとき、ほぼ寄り道せずに帰宅していました。

 

しかし、実家暮らしになってから、ほぼ毎日寄り道して帰るようになりました。

 

というのも、実家暮らしといっても、同居してるのは父と祖父母、兄と叔父。みんな生活リズムがバラバラで、食事の用意はおろか会話することもほとんどありません。

 

仕事が終わって疲れているところに、30分かけて電車に乗り、さらに30分歩いて真っ暗な家に着く。。

誰とも話すことなく、そのまま寝て、それが一週間続く。。

 

この境遇が、私の中でストレスになっていたのだと、今は思い返しています。

 

毎日、朝、昼、夜と外食し、時には一人飲みをし…

 

私は生きているだけで、日々浪費をしていました。

 

気づけば、月に使えるお金はほぼなくなっていたのです。

 

家にも職場にも居場所がないことが、不安障害を加速させた

 

 

さらに私に借金をさせた原因が、パチンコであることは間違いありません。

 

かつて、私にとってパチンコは、家族や職場と繋がる手段でした。

 

新台はどうだ、あの演出はどうだ、ということで盛り上がり、上司や父、兄と話すキッカケになっていたのです。

 

しかし、転職し、どう頑張ってもコミュニケーションが取れない上司のもとで働き…

 

実家に戻っても誰と会話をすることもなくなり…

 

私は逃げるように、パチンコ屋に居場所を求めました。

 

その結果、パチンコへの抑制がなくなりました。

今だけと銀行のカードローンにお金を借り、限度額がくれば月の支払いをリボにして、無理やりお金を作りました。

 

そして、2年程度の生活で200万の借金を負ったのです。

 

笑えるぐらい綺麗な転落ぶりですよねw

 

メンタルヘルスはお金にも関わってくる

 

 

今、私は債務整理をして、月3万返済をしています。

 

しかし、傷病手当金だけでは、これだけでも大きな出費です。なにせ、傷病手当金は元の給与の3分の2しかもらえないのですから。

 

もし、過去の自分に言えることがあるなら…

 

辛いことは、辛いと言え。寂しいときは、寂しいといえ。

人に頼れ。強がるな。

 

この一言に尽きます。

 

今、私は休職して、たくさんの人の助けのもと生活しています。

 

逆に言えば、この環境になるまで、人に頼れませんでした。

むしろ、自分が辛いことも、自覚してませんでした。

 

「自分のことは、自分で全てなんとかする」がリッパな大人なのではなく、

「自分の身体のこと、メンタルのことを知った上で、人に頼る」が、本当の大人なのだと、こんな境遇になってはじめて思い知りました。

 

 

長々と自分語りをしてしまいましたが……

 

浪費をしてしまう人、過食をしてしまう人、あるいは、毎日何かしなければ一日に刺激がなく退屈だという人。

 

それは貴方のメンタルがすり減って弱っている証です。

早いうちに、友人・家族に相談してみてください。

 

それでは、また明日。